Return to site

20190408 幼少期の私について

· 店舗について

今日は私の幼少期の話を載せたいと思います。

私は0~5歳と10~16歳の11年間をブラジル サンパウロで過ごしました。

サンパウロは大都会ですが、ブラジル全体でいうと、国土は日本の約23倍、自然が大変豊かな国です。

私は犬に限らず動物が大好きでした。そのせいもあり、春休みと夏休みには首都ブラジリアにある知り合いの牧場に一人でホームステイしていました。その牧場は10km×10kmという非常に広大な敷地でした。朝から日没までブラジル人のカウボーイ達と共に、裸馬に乗り、寝食を共にして過ごしました。

手綱だけを持って、裸馬で牧場内を移動したのが本当に楽しい思い出です。

私の原点は間違いなくこの頃に培った経験からだと思います。

写真は当時憧れだったムツゴロウさんがブラジルサンパウロに講演に来られた際に撮った2ショットです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK